薬剤師になるには

薬剤師になるためには、まず大学の入学が必要です。慶應義塾大学のような薬学部がある大学、または都築学園の第一薬科大学のような薬科大に入らなくてはいけません。薬剤師免許は国家資格であり、薬剤師の国家試験への受験資格がこうした大学での薬学の正規課程の履修なのです。外国の薬学校を卒業してその国で薬剤師の免許を取得した場合には、その資格が代わりになります。薬学部、薬科大学は6年制となっており、最後の1、2年間から薬剤師免許の資格試験への猛勉強が始まります。多くの私立大学では、その前に卒業試験を設けていることもあり、それに合格しなければ受験資格を与えないということもあります。この卒業試験は薬剤師免許の試験のための試験であるため、自分の実力を知るためにも役立ちます。

薬剤師の免許は、国家試験を3月に受けて合格発表が約1ヶ月後、4月には取得できます。このため、就職先では薬剤師の資格が必要な職場の場合、試験の結果次第で内定が取り消しになるケースもあります。薬剤師の資格が必要となる職場は、病院や調剤薬局などです。病院ないの薬剤師は減っていますが、大きな病院などでは、通院の患者だけでなく入院患者への処方も行う忙しい仕事です。資格は再就職や転職にも役立ち、働き方も正社員だけでなくパートやアルバイトなどでも高時給が期待できます。そのほかにも製薬会社研究員や公務員といった道もありますが、これには必ずしも薬剤師の免許取得が求められていないこともあります。薬学部で学んだ知識は十分役立つ上に、給料面でも安定していて人気の高い就職先です。学校での勤務もあります。