薬剤師のやりがい

薬剤師の就職先の中心は、薬に関連した職場です。病院では院内薬剤師として、または調剤薬局やドラッグストアでは、患者や客とのコミュニケーションをとりながら、働きます。薬の調剤はもとより、その取り扱いや飲み方などの指導も行うため、薬剤師は専門職でありながら、接客の技術も必要となります。小さな疑問や不安を解消して、相手を安心させてあげることができるやりがいのある仕事と言えそうです。医療関係者との関係も深く、新しい薬の開発や病気の発見などとともに常に学び続ける姿勢が必要です。

製薬会社などの企業でも薬の知識は生かされます。薬品の開発や研究部門では成果が求められる分、高年収も期待できる分野となります。薬品だけでなく、現代人に欠かせないサプリメントや栄養ドリンク、ダイエット食品などの分野でも、薬学の知識を使えるものがあるでしょう。研究、開発だけでなく、病院を回って薬の紹介をするMRなどでも薬学の知識があれば、医療関係者とのコミュニケーションや薬の案内もスムーズに行えます。バリバリとキャリアを育てたいという人にも薬学の知識は助けになります。薬剤師の資格や薬学は、いろいろな働き方の選択肢を広げて、やりがいのある仕事を見つけるための強い武器になるでしょう。