月別アーカイブ: 2017年2月

薬剤師のやりがい

薬剤師の就職先の中心は、薬に関連した職場です。病院では院内薬剤師として、または調剤薬局やドラッグストアでは、患者や客とのコミュニケーションをとりながら、働きます。薬の調剤はもとより、その取り扱いや飲み方などの指導も行うため、薬剤師は専門職でありながら、接客の技術も必要となります。小さな疑問や不安を解消して、相手を安心させてあげることができるやりがいのある仕事と言えそうです。医療関係者との関係も深く、新しい薬の開発や病気の発見などとともに常に学び続ける姿勢が必要です。

製薬会社などの企業でも薬の知識は生かされます。薬品の開発や研究部門では成果が求められる分、高年収も期待できる分野となります。薬品だけでなく、現代人に欠かせないサプリメントや栄養ドリンク、ダイエット食品などの分野でも、薬学の知識を使えるものがあるでしょう。研究、開発だけでなく、病院を回って薬の紹介をするMRなどでも薬学の知識があれば、医療関係者とのコミュニケーションや薬の案内もスムーズに行えます。バリバリとキャリアを育てたいという人にも薬学の知識は助けになります。薬剤師の資格や薬学は、いろいろな働き方の選択肢を広げて、やりがいのある仕事を見つけるための強い武器になるでしょう。

薬剤師の合格率の謎

薬剤師国家試験の試験内容は、「基礎薬学」、「医療薬学」、「衛生薬学」、「薬事関係法規・制度」となっており、この分野から医療薬学を中心に出題されます。医療薬学は、疾病と医薬品の関係や調剤についての内容となっており、中心的な分野です。これらの内容は、全て薬学部での6年間の履修で学んでいることです。二日間の筆記試験において、6年間の集大成を見せるのです。6年制になってから、試験内容は、暗記中心から考える力を問うものへと変わってきています。これによって総合的な力を見られることになり、薬剤師のレベルが上がる可能性も秘めていますが、より合格が難しくなる恐れもあります。

薬剤師の国家試験は薬学部のすべての人が受けるわけではありません。そのため、受験者数と合格率では、大学ごとにかなりのバラつきが出ています。薬剤師を目指していたものの、別の進路に改めたり、薬剤師の資格自体は必要としていない場合もあるため、受験者数に差が出るのです。また、卒業試験では、一定のレベルに達していないと合格できず、そうすると卒業資格が得られずに受験することすら出来ません。これは、不合格が予想される学生の受験を減らし、その大学の卒業生の合格率を上昇させる効果もあります。

薬剤師免許を活かす

薬剤師の国家資格は大変難しく、薬学部や薬科大学が4年制から6年制になったことから、4年制だった頃からすると今後、合格率や難易度にも変化が起こりそうです。以前の合格率を見ると、おおよそ60パーセントから80パーセントの範囲で推移しており、パーセンテージからすると合格率は高そうにも見えます。しかし、実際には卒業試験に合格できなくて薬剤師の国家試験の受験資格さえ得られない人もいますし、途中で挫折して退学していく人もいます。薬学部や薬科大学に入学してから卒業までが難しい資格であると言えそうです。もちろん、薬学部への入学も難関となる大学が多くなります。

そんな難関を突破して得た貴重な資格ですから、積極的に生かして仕事をしていきたいものです。薬学の知識を活かしたり、薬剤師としての資格を活かすのも良いでしょう。いずれにせよ、薬のスペシャリストとして、さまざまな道が開けています。薬学部の学生への求人も資格や知識を必要としている会社や病院等が多くなるため、自分の目指す分野の仕事が見つけやすいでしょう。一つ注意すべきは、薬剤師の免許をしっかりと取得しなくてはいけないということで、就職先の内定後も必死で勉強しなくてはならず、ここでも他の学部にはない難関となります。

薬剤師になるには

薬剤師になるためには、まず大学の入学が必要です。慶應義塾大学のような薬学部がある大学、または都築学園の第一薬科大学のような薬科大に入らなくてはいけません。薬剤師免許は国家資格であり、薬剤師の国家試験への受験資格がこうした大学での薬学の正規課程の履修なのです。外国の薬学校を卒業してその国で薬剤師の免許を取得した場合には、その資格が代わりになります。薬学部、薬科大学は6年制となっており、最後の1、2年間から薬剤師免許の資格試験への猛勉強が始まります。多くの私立大学では、その前に卒業試験を設けていることもあり、それに合格しなければ受験資格を与えないということもあります。この卒業試験は薬剤師免許の試験のための試験であるため、自分の実力を知るためにも役立ちます。

薬剤師の免許は、国家試験を3月に受けて合格発表が約1ヶ月後、4月には取得できます。このため、就職先では薬剤師の資格が必要な職場の場合、試験の結果次第で内定が取り消しになるケースもあります。薬剤師の資格が必要となる職場は、病院や調剤薬局などです。病院ないの薬剤師は減っていますが、大きな病院などでは、通院の患者だけでなく入院患者への処方も行う忙しい仕事です。資格は再就職や転職にも役立ち、働き方も正社員だけでなくパートやアルバイトなどでも高時給が期待できます。そのほかにも製薬会社研究員や公務員といった道もありますが、これには必ずしも薬剤師の免許取得が求められていないこともあります。薬学部で学んだ知識は十分役立つ上に、給料面でも安定していて人気の高い就職先です。学校での勤務もあります。